またたびに関する基礎知識をご紹介

またたびってなあに?

商品写真

またたびって?

またたびの木

またたびの木写真

またたび(木天蓼「もくてんりょう」ともいう)は、マタタビ科マタタビ属の落葉蔓性木本 で、別名夏梅ともいいます。 極東地域の山地の林緑に自生しており、国内では北海道~九州でみられます。
花期は6月~7月で梅によく似た花を咲かせ、花が咲く時期には葉の半分くらいが白色に変化します。

またたびの成分

3つの成分

またたびの「マタタビラクトン」、「アクチニジン」、「β-フェニルエチルアルコール」の3つの成分に猫が反応すると言われています。 「β-フェニルエチルアルコール」はバラのような香りがします。

またたび 名前の由来

アイヌ語の「マタタムブ」からきたというのが、現在最も有力な説です。
アイヌ語で、「マタ」は「冬」、「タムブ」は「亀の甲」の意味で、おそらく果実を表した呼び名だろうと言われています。
また、疲れた旅人が、マタタビの果実を食べたところ、再び旅を続けることが出来るようになったということで、「又旅」から名付けられたとの説もあります。

またたび虫癭果とは

またたびの実の写真

マタタビのつぼみの頃か、花の開く直前に、花の中心の子房に「マタタビノアブラムシ」という小さな昆虫が産卵します。卵を産み付けられた子房は、正常な果実になれず異常な発育をし、虫こぶ状のものになります。これを虫癭果といい、古くから人の漢方薬としても使用されてきました。
また、この虫癭果には通常の実よりもネコ科の動物に作用する有効成分「アクチニジン」「マタタビラクトン」が多く含まれています。

※有効成分自体はまたたびの葉や枝にも含まれていますが、効果の強さは粉末→液体→実→枝→葉と言われています。

このページの先頭へ

またたびの効果

ダンスを踊る、愛想が良くなる、身体をすりすりする、転げ回る、甘える、気持ち良さそうにする、じゃれる、興奮する、フードの食いつきがアップする・・・等々、猫ちゃんの個性によって様々な変化が見られます。

猫はどうしてまたたびに反応するのか?

猫は口蓋(こうがい)の奥にヤコブソン器官と呼ばれる特殊な器官をもっています。「鋤鼻器官」(じょびきかん)とも呼ばれるこの器官は、人間は退化してしまいありませんが、主としてフェロモンと呼ばれる極めて微量な分子成分を感知する働きを持っています。

反応の図

またたび踊り

猫はまたたびの匂いを嗅いだり食べたりすると、とてもリラックスした状態となり、転げ回ったり、身体をこすり付けたり、気持ち良さそうにゴロゴロします。

※またたびは猫によって反応に差があり、特に子猫や妊娠中の猫はあまり興味を示さない場合があります。猫科のトラやライオン、ヒョウなども同じような反応を示します。

このページの先頭へ

またたびはこんな時におすすめ

  • 食欲が落ちてきたとき
  • 爪とぎ場所のしつけに
  • 愛猫と一緒に遊ぶとき
  • ゴロゴロしてストレス解消

このページの先頭へ

製品ラインアップ

スマックのまたたびシリーズは、またたびの実の中でも有効成分が多く含まれる「虫癭果(ちゅうえいか)」のみを厳選し、混じり気がない100%そのものを純末にしています。また、すべて国産です。

スマックの「またたび」は選べる 4種類

またたび(純末)

またたびタウリン

またたびカルシウム

またたび食物繊維

爪とぎの場所のしつけに ちょっと元気がない時に イライラしている時に 気分も身体の中も
すっきりさせたい時に
またたび(純末)パッケージ またたびタウリンパッケージ またたびカルシウムパッケージ またたび食物繊維パッケージ

30年以上愛されているスタンダードなまたたび。

毎日元気でいて欲しいから!タウリンは健康を応援するアミノ酸です。

カルシウムは猫の丈夫なカラダ、毎日の健康を作ります!

食物せんいがお腹の中の毛玉をからめとり、自然な排出をサポートします。

詳しくはこちら 詳しくはこちら 詳しくはこちら 詳しくはこちら
「猫にまたたび」と言うように、昔から愛猫家に重宝がられているまたたびの粉末。またたびの実の中でも、猫が喜ぶ有効成分が通常の実よりも多く含まれている厳選した実、『虫癭果(ちゅうえいか)』の純末を100%使用しています。猫ちゃんの健康維持を応援するために嬉しい機能性をプラスしました。

食べておいしい♪ 遊んでたのしい♪ 「またたび玉」 6種類

またたび玉プレーン またたび玉まぐろ味 またたび玉ささみ味 またたび玉かつお味 またたび玉F.L.U.T.ケア またたび玉オーラルケア
またたび玉プレーンパッケージ またたび玉まぐろ味パッケージ またたび玉ささみ味パッケージ またたび玉かつお味パッケージ またたび玉F.L.U.T.ケアパッケージ またたび玉オーラルケアパッケージ
詳しくはこちら 詳しくはこちら 詳しくはこちら 詳しくはこちら 詳しくはこちら 詳しくはこちら
猫ちゃんとオーナー様の距灘が近づく、コミュニケーションスナックです。ちょっと大きめなつぶに大好きなまたたび純末をコーティングしています。またたび玉を一生懸命に追いかけ、食べようとする、かわいらしい姿が楽しめます。 またたび玉を使用した様子

おもちゃにかけて つめとぎ のしつけに 「またたびスプレー」

またたびスプレーパッケージ 詳しくはこちら
またたびスプレー 猫が喜ぶ有効成分を多く含む「またたび虫癭果(ちゅうえいか)」を使用した、合成防腐剤不使用、無着色のまたたびスプレーです。 新商品
またたびスプレーを使用した様子

このページの先頭へ

またたび Q&A

そもそもマタタビって何でしょうか? 虫癭果って虫ですか?
OPEN
マタタビとは「マタタビ科マタタビ属」の植物で、日本中の山に行けば、自生しています。なので珍しい物ではありません。猫がマタタビでフニャフニャになるのは、マタタビの実から摂取した”マタタビラクトン”“クアクチニジン”という成分が効いているからなんです。
虫癭果とは“マタタビノアブラムシ”という虫が、マタタビの実に産卵・寄生し“虫こぶ”になった物を言います。簡単に言うとマタタビの実が異常な生育をしていき、マタタビラクトンの濃度が高くなります。そのため、虫こぶにならない実に比べ効力があります。
マタタビラクトンはマタタビ全体に含まれますが、虫癭果でないマタタビの実は、マタタビの葉や枝と同じくらい効き目が弱いんですよ。マタタビの実は、虫癭果になる物とならない物があり、虫癭果は選ばれし“特別なマタタビの実”と言えます。
量や頻度など愛猫に与える時の注意点はありますか?
OPEN
与え過ぎは良くない、と言っている研究者の方もみえます。マタタビラクトンは猫にとって血管の拡張作用があるので、呼吸困難になってしまう恐れがあると一部の文献にも書かれています。シニア猫ちゃんや身体の弱い猫ちゃんにはそういう可能性もあるので、少量ずつ与えて様子を観察してください。
マタタビは猫にとって良い物なのですが、より安全にご使用頂くために各製品に注意書きがありますので、そちらを必ずお読みになって猫ちゃんに与えてください。
身体に良い物でも、取りすぎると良くない物は沢山あります。糖分や塩分など。それと同じなんです。また、猫ちゃんはマタタビが好きなんですが、毎日続くと慣れ、飽きてきてしまいます。
マタタビに慣れ、飽きてしまった猫ちゃんをマタタビでまたフニャフニャにさせるためには、少し間を空け、マタタビをあげるのを休んでみてください。するとまた猫ちゃんがフニャフニャする可愛い姿が見られると思いますよ。
与え方のグッドタイミングがあれば教えてください
OPEN
マタタビの効果は食欲増進、ストレス軽減などです。ご飯を食べさせたいのか、ストレス軽減をはかりたいのかなどオーナーさんの意図で用途が変わってきます。
フードに粉末をふりかけて与えると食べてくれる猫ちゃんが多いようです。夏バテで食欲のない時などにおすすめです。
また、猫ちゃんが飼い主さんとマタタビのおもちゃで遊ぶことでコミュニケーションがとれて、猫ちゃんのストレス軽減にも繋がります。
与えるタイミングは猫ちゃんの変化に気付いたときです。日頃からのスキンシップやコミュニケーションを大切にしたいですね。
マタタビで病気予防ができるって本当!?
OPEN
猫があまり水を飲んでくれない、水を飲ませたい、という声を度々耳にします。猫は元々砂漠に住む動物ですので、あまり水は飲まないとされていますが、水を飲まないことで血液が濃くなり血管が詰まりやすくなって様々な病気の原因になります。
猫は泌尿器の病気が多いです。これらは水を飲ませることも予防に繋がりますので、マタタビの粉末を飲み水に入れ、かき混ぜずに浮かばせてみてください。マタタビの香りで、喜んで水を飲んでくれると思いますよ。
猫はキウイにも反応する!?
OPEN
キウイフルーツは中国原産のマタタビ科のシナサルナシという植物を、キウイで有名なニュージーランドが品種改良した果物です。そのためマタタビとは近縁ということもあり、同じ成分、マタタビラクトンも例外ではなく含まれています。
マタタビとは異なり、キウイは実より根などにマタタビラクトンが含まれているようです。そのため、ニュージーランドでは土を掘り起こして、その根をかじってしまう「キウイ畑の猫被害」があるようですよ。
キャットニップとマタタビは同じ物なんですか?
OPEN
キャットニップは和名イヌハッカというシソ科のハーブで、マタタビとは全くの別物になります。マタタビは日本・韓国・中国・樺太・千島といった極東地域にしかないので、アメリカやヨーロッパ圏などではキャットニップがマタタビの代用として使われていたようです。一般的にはマタタビの方が効くと言われています。他にもマタタビに似た効力のある物には、苦くて有名なセンブリ茶のセンブリがあります。猫はあの苦さを感じないようです。
使い残したマタタビの正しい保存方法は!?
OPEN
有効成分のマタタビラクトンは揮発性のため、密閉性の高い容器や袋での保存をおすすめします。香りで猫がフニャフニャになるので、その香りが飛んでは効果が弱くなってしまいます。ただし、誤って飲み込んだり、大量に摂取しないように、猫ちゃんの手の届かないところへの保存を心がけてください。
効かない猫ちゃんがいるのはどうしてですか?
OPEN
猫科の動物の上顎には“ヤコブソン器官”という物があり、そこでマタタビラクトンを感知しています。ヤコブソン器官とはホルモンを感知する器官であり、そのことからマタタビラクトンはホルモン様物質であると言われています。
つまり、マタタビラクトンは性的興奮を与える物質ですので、発育途中にある子猫や妊娠中の猫には効果が薄いのです。マタタビラクトンの香気成分は香りを感じ取りやすい粉末が一番効きやすいとされています。粉→液体→実→枝→葉の順に効果があると言われています。

このページの先頭へ