商品詳細

ウサギのかじり木

  • 国産

特長・機能性成分

ウサギ、ハムスター、リスなどの歯は一生伸び続けるため、毎日しっかり硬い木などをかじらないと、歯が伸びすぎてしまい、正常に歯をかみ合わすことができなくなります。様々な実験の成果を生かした「ウサギのかじり木」ならウサギが好んでかじるので、歯の伸びすぎを防ぎます。(特許第2974944号)

樹齢80年以上の天然木を使用。

■3組入り
■大きさ:約12×12×3cm(組み立て時)

かじり木とは・・・

ウサギ用かじり木
ウサギ用かじり木
(大きさ:約12×12×3cm)

ウサギなどのウサギ目の仲間や、ハムスターなどのげっ歯類の歯は、一生伸び続ける性質を持っています。しかし、繊維質の多い食事や木などの硬いものをかじることによって、上下の歯をこすり合わせて削っているため、適切な長さを保つことが出来ます。前歯を左右に動かしている姿を見たことはありませんか?
かじり木にはそのままだと一生伸び続けてしまう歯が伸び続けるのを防ぎ、また、かじることによってペットの気分転換にも役立ちます。そのかじり木も材質の好みが合わなかったり、汚れた木ではかじらない習性があります。
そこで、スマックのかじり木はペットが好む絶妙な硬さの材質を厳選し、かじり木を十字の立体型に組み立てることで、転がることなく安定させて汚れにくくするという特長も兼ね備えているため、きっとかじり木を気に入る事でしょう。 (特許第 2974944号)
木のケージではなく金網などのケージの中で飼育され、かじり木などの齧れるものが身近に無い生活をしていると、歯が異常に伸びてしまって正常な噛みあわせが出来なくなってしまいます。それにより食欲が無くなったり、歯ぎしりをしたり、よだれをたらすようになり、口の周囲の皮膚病にもかかってしまいます。進行してしまうと餌が全く食べれなくなり、衰弱してしまうこともあります。
このように、歯の伸びすぎで正しい噛み合わせが出来なくなる前に、毎日歯を使うことで歯の伸びすぎを防ぐことを助ける「かじり木」を与えることがとても有効なのです。

ページトップへ戻る

ピックアップ商品

エブリデンタ

エブリデンタ

いつもの食事の1割(10%)をエブリデンタに置き換えて与えていただくだけで愛犬のデンタルケアができるフードです。歯に何らかのトラブルを抱える愛犬は全体の8割になるという報告もされており、毎日のケアが重要です。