ペットなんでもQ&A

猫、犬、小動物、魚などのペットに関するよくある疑問、質問、日頃の栄養管理の注意点などにお答えします。

※ご質問のキーワードから検索できます。

ドライキャットフードと缶詰、おやつなどのキャットフードの上手な使い分けは どのようにしたらいいの?

まずはパッケージに必ず記載してある食事の目的を見てみましょう。目的には水とそのフードで成長するのに十分な栄養が全て摂取できる総合栄養食、おやつなどの間食、特定の栄養だけを増加(減少)させたものや、サプリメント代わりに与える物などが入るその他の目的食の3種があります。そこで、飼い主さんは猫に今何が必要なのかをきちんと考慮した上でこの3種の中から選んで使用してあげてください。


総合栄養食であれば、そのフードだけで十分です。おやつをあげたい場合は、普段の主食を少し減らして、おやつをあげることも肥満防止に役立ちます。缶詰などの製品の栄養バランスや摂取カロリーを考えて総合栄養食のドライフードと混ぜて与える事も出来ます。また、パッケージには与える量が必ず記載してありますので、その数値を見て参考にして下さい。

ページトップへ戻る

ピックアップ商品

愛犬のために開発されたプロバイオティクスN11 +関節ケア

新商品

愛犬のために開発されたプロバイオティクスN11 +関節ケア

千葉大学発ベンチャー企業(株)サーマスと共同研究した腸内フローラを整える愛犬用サプリメント。大切な愛犬の健康を考え、愛犬のために開発しました。関節の健康維持のため、軟骨成分「N-アセチルグルコサミン」と魚由来の「マリンコラーゲン」を配合しました。